• Home 便秘と腸内環境

便秘と腸内環境

腸内研究が進んできた現在は、腸内環境がとても重要だと言われています。特に腸内フローラという腸内細菌の状態を見れば、今の体調、病気、今後未来の体調、病気、寿命まで予測できるとも言われているのです。つまり健やかな毎日は腸内環境に深く関係しているということになります。便秘は多くの人が体験しているものですが、便秘は腸内環境が悪化していることでもあり、そのためにも腸内環境を見直し、腸内フローラを良い状態にしなければなりません。

腸内環境を良い状態にするためには、とにかく善玉菌と悪玉菌の割合を改善することが必要です。便秘をする時点で悪玉菌が善玉菌よりずっと増えていると考えられます。そこで善玉菌を増やすことが重要になるのです。善玉菌は餌を食べると、乳酸や酢酸をはき出します。それこそが悪玉菌の増殖を抑える物質なのです。それによってどんどん善玉菌が元気になり、増殖することができるため腸内環境も良い状態になります。

外部サイト【便秘の解消方法 – 私の便秘は解消しました。】

そして善玉菌が乳酸や酢酸をしっかり代謝するためには、善玉菌の栄養素を摂取することは欠かせません。せっかく乳酸菌を積極的に摂取しても、パワーが弱ってしまっては意味がありません。パワー全開の乳酸菌や善玉菌であることがとても重要なのです。しかし、このことは意外と忘れられやすく、善玉菌を増やすことばかりに目が行きがちではないでしょうか。でもやっぱり善玉菌の最高の栄養素であるオリゴ糖は忘れないようにしたいもの。ただしオリゴ糖は質の良いものを選ぶようにしなければなりません。安いものや液体タイプのものは、質に問題があることが多いので注意が必要です。