• Home オリゴ糖の種類

オリゴ糖の種類

便秘にはやっぱりオリゴ糖の摂取はおすすめ。腸内の善玉菌の力が弱ったときに便秘になりやすいと言われています。そして便秘になることで、より悪玉菌の勢力が強くなり善玉菌が減るといった深い関係があります。そのため、お腹の中の善玉菌のパワーを高めるためにも、善玉菌の大好物であり、整腸効果のあるオリゴ糖は是非摂取したいものです。

さてオリゴ糖にもいろいろな種類がありますが、まず消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖に分かれます。消化性オリゴ糖は胃酸や消化酵素などによって、大腸まで届く前に分解されてしまうタイプです。そのため腸内までしっかり届く難消化性オリゴ糖を選ぶ必要があります。

そして難消化性オリゴ糖の中にもいろいろな種類があり、例えば甜菜や砂糖大根から摂取することのできるビートオリゴ糖(ラフィノース)は善玉菌の餌となり、その上大腸菌などの悪玉菌を選らすダブルのパワーがあるタイプです。またタマネギやにんにくなどに多く含まれているラクトオリゴ糖は、虫歯になりにくいというメリットがあります。

他にも乳製品に含まれているガクトオリゴ糖は、ビフィズス菌を増やすパワーがあり、整腸効果もあるタイプです。また大豆に含まれている大豆オリゴ糖も整腸効果が高く、美容にもおすすめのオリゴ糖とも言われています。そして、しょ糖から生成されている乳化オリゴ糖(ラクトスクロース)は甘みが強いので、砂糖代わりに利用したい人にもおすすめ。他にもキシロオリゴ糖はトウモロコシから摂れるオリゴ糖で、もっとも整腸効果が高いとも言われています。