• Home You are currently viewing the category: 未分類

オリゴ糖の種類

便秘にはやっぱりオリゴ糖の摂取はおすすめ。腸内の善玉菌の力が弱ったときに便秘になりやすいと言われています。そして便秘になることで、より悪玉菌の勢力が強くなり善玉菌が減るといった深い関係があります。そのため、お腹の中の善玉菌のパワーを高めるためにも、善玉菌の大好物であり、整腸効果のあるオリゴ糖は是非摂取したいものです。

さてオリゴ糖にもいろいろな種類がありますが、まず消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖に分かれます。消化性オリゴ糖は胃酸や消化酵素などによって、大腸まで届く前に分解されてしまうタイプです。そのため腸内までしっかり届く難消化性オリゴ糖を選ぶ必要があります。

そして難消化性オリゴ糖の中にもいろいろな種類があり、例えば甜菜や砂糖大根から摂取することのできるビートオリゴ糖(ラフィノース)は善玉菌の餌となり、その上大腸菌などの悪玉菌を選らすダブルのパワーがあるタイプです。またタマネギやにんにくなどに多く含まれているラクトオリゴ糖は、虫歯になりにくいというメリットがあります。

他にも乳製品に含まれているガクトオリゴ糖は、ビフィズス菌を増やすパワーがあり、整腸効果もあるタイプです。また大豆に含まれている大豆オリゴ糖も整腸効果が高く、美容にもおすすめのオリゴ糖とも言われています。そして、しょ糖から生成されている乳化オリゴ糖(ラクトスクロース)は甘みが強いので、砂糖代わりに利用したい人にもおすすめ。他にもキシロオリゴ糖はトウモロコシから摂れるオリゴ糖で、もっとも整腸効果が高いとも言われています。


オリゴ糖の選び方

便秘改善のためにも、腸内環境はとても重要です。お腹の中の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすために必要なものとして、食物繊維や乳酸菌などがあります。しかしお腹の中にいる善玉菌やプラスした乳酸菌などのパワーアップのためにはオリゴ糖が欠かせません。乳酸菌をプラスするならオリゴ糖も一緒に摂取したいもの。またオリゴ糖だけでも、腸内の善玉菌をバックアップするため是非おすすめです。

しかしオリゴ糖の種類はさまざまあり、質の幅もとても広いため、オリゴ糖の選択法も知っておくようにしましょう。まずオリゴ糖98%というような表示がある場合は砂糖が入っている物がほとんど。そのためオリゴ糖100%、オリゴ糖純正という物以外おすすめできません。せっかくお菓子なども我慢して砂糖摂取を減らしている人もいるはず。体のためにも毎日摂取するなら、砂糖の入っているものはおすすめできません。

次に液体タイプのオリゴ糖の多くはイソマルオリゴ糖がほとんど。オリゴ糖にもいろいろな種類がありますが、特にイソマルオリゴ糖は胃酸や小腸でほとんど分解されてしまう消化性のオリゴ糖です。これでは腸まで届かないので、善玉菌の餌になりません。特に液体タイプはイソマルオリゴが多く、水飴麦芽糖を使用しているものが多いので注意しましょう。また顆粒状のオリゴ糖もありますが、顆粒にするときに不純物が混ざっていることが多いと言われています。そのため顆粒タイプのオリゴ糖は配合率が低いとのこと。顆粒タイプはとても摂取しやすいようですが、粉状のものがおすすめです。


便秘と腸内環境

腸内研究が進んできた現在は、腸内環境がとても重要だと言われています。特に腸内フローラという腸内細菌の状態を見れば、今の体調、病気、今後未来の体調、病気、寿命まで予測できるとも言われているのです。つまり健やかな毎日は腸内環境に深く関係しているということになります。便秘は多くの人が体験しているものですが、便秘は腸内環境が悪化していることでもあり、そのためにも腸内環境を見直し、腸内フローラを良い状態にしなければなりません。

腸内環境を良い状態にするためには、とにかく善玉菌と悪玉菌の割合を改善することが必要です。便秘をする時点で悪玉菌が善玉菌よりずっと増えていると考えられます。そこで善玉菌を増やすことが重要になるのです。善玉菌は餌を食べると、乳酸や酢酸をはき出します。それこそが悪玉菌の増殖を抑える物質なのです。それによってどんどん善玉菌が元気になり、増殖することができるため腸内環境も良い状態になります。

外部サイト【便秘の解消方法 – 私の便秘は解消しました。】

そして善玉菌が乳酸や酢酸をしっかり代謝するためには、善玉菌の栄養素を摂取することは欠かせません。せっかく乳酸菌を積極的に摂取しても、パワーが弱ってしまっては意味がありません。パワー全開の乳酸菌や善玉菌であることがとても重要なのです。しかし、このことは意外と忘れられやすく、善玉菌を増やすことばかりに目が行きがちではないでしょうか。でもやっぱり善玉菌の最高の栄養素であるオリゴ糖は忘れないようにしたいもの。ただしオリゴ糖は質の良いものを選ぶようにしなければなりません。安いものや液体タイプのものは、質に問題があることが多いので注意が必要です。